Uncategorized

コーヒーをリバースエンジニアリングして開発、コーヒー豆を使用しない「分子コーヒー」

投稿日:

コーヒーをリバースエンジニアリングして開発、コーヒー豆を使用しない「分子コーヒー」

コーヒーをリバースエンジニアリングして開発したという、コーヒー豆由来成分を一切使用しない分子コーヒー「Atomo」が発表された(Kickstarterのキャンペーンページ
Geekwireの記事
FOODBEASTの記事
FoodNavigator-USAの記事)。

Atomoは抽出したコーヒーが含む分子化合物を分析して青写真を作り、これをもとに設計されたという。風味に関連する物質は天然由来の持続可能な成分を用いて微調整が行われ、挽豆の状態に仕上げたとのこと。そのため、既存の抽出器具で抽出が可能だ。

Atomo開発の主な動機は、コーヒーノキの近縁野生種の多くが絶滅危惧種となり、栽培種の持続可能性についても懸念されていることだ。また、成分を調整して飲みやすいコーヒーを作ることも目的の一つだという。ワシントン大学の学生を対象にして実施したスターバックスとの飲み比べでは、70%がAtomoを選んでいる。ただし、動画を見る限り飲んだ人は30人だけのようだ。

Atomoは現在Kickstarterで資金調達キャンペーンを実施しており、4日で目標額を達成しそうな勢いだ。

すべて読む

| idleセクション

| サイエンス

| Java

| ハードウェアハック

| idle
|
この記事をTwitterでつぶやく
この記事をFacebookで共有
この記事をGoogle Plusで共有
このエントリーをはてなブックマークに追加

関連ストーリー:

コーヒー豆を宇宙に打ち上げ大気圏突入時の熱で焙煎する計画が進行中
2019年01月31日

米食品医薬品局曰く、発がん性の警告をコーヒーに表示すれば誤った情報を消費者に与えることになる
2018年09月07日

世界で最も濃いというコーヒー、国際宇宙ステーションへ
2018年06月29日

カフェインを摂取すると甘味を感じにくくなるという研究結果
2017年08月27日

カートリッジ式コーヒーメーカー「Keurig 2.0」に脆弱性、正規カートリッジへの成り済ましが可能
2014年12月13日

コーヒーのゲノムが解読される
2014年09月07日

-Uncategorized

Copyright© トレンドニュースを駆け巡る , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.